人生勝ち組

rig2hh.exblog.jp ブログトップ

完全撤退ウェンディーズ、最終日は大行列50分待ち(スポーツ報知)

 ハンバーガーチェーン「ウェンディーズ」の国内全71店舗が12月31日で、最後の営業日を終えた。1980年に日本1号店が東京・銀座7丁目にオープンして以来29年間、若者、家族連れなどに親しまれてきたが、親会社の外食大手ゼンショーが米国本部とのフランチャイズ契約を更新しないことが決まり、完全撤退となった。新宿店は午前7時の開店と同時に長蛇の列。慣れ親しんだ味との別れを惜しんだ。

 午後1時半、1、2階ともほぼ満席となった新宿店では、23歳のOLが三重に重ねられた300グラムのパティ(ハンバーグ)を挟んだスーパーメガウェンディーズをほおばっていた。「ダイエット中だけど今日は特別。もうアメリカに行かないと味わえませんから」。昼時には店外に約60人の行列ができ、50分待ち。売り切れ商品も続出した。

 目黒店では閉店となる午後8時に男性店長が「長らくのご愛顧ありがとうございました!」とあいさつ。最後の客となった20〜30代のカップルは「価格競争が厳しい中、よく頑張ったと思います」とたたえた。

 多くのハンバーガーチェーンの中でもボリュームと、ジューシーな肉の鮮度がセールスポイントだった。オーストラリア産の牛肉を冷凍せずにチルドで店に届けるシステム。30歳のアルバイト男性は「他社のハンバーガーは作り置きが多いですが、注文を受けてから焼きたてをすぐお客様に出すようにしていました」と人気の理由を話した。

 親会社のゼンショーは牛丼チェーンの「すき家」「なか卯」や「COCO’S」などのファミリーレストラン、ラーメン店、焼き肉店、回転寿司(ずし)店など全国4200店舗を持つ外食大手。ウェンディーズは黒字だったが、外食デフレの影響は否めず、米国本部との契約満了に伴い撤退となった。撤退発表後の売り上げは各店舗で少なくても2倍は伸びたという。

 2009年のウェンディーズのアルバイト従業員は約1900人で、正社員は約60人いた。正社員は、ゼンショーが主事業として重点を置く「すき家」などに異動することになる。



 【関連記事】
ハンバーガーチェーン ウェンディーズ ゼンショー を調べる

m7ypicroのブログ
torrentファイルの使い方
クレジットカード現金化 比較
ショッピング枠現金化
ライブチャット
[PR]
by xsebxrak9f | 2010-01-06 15:50
line

勝ち組による必勝法説明


by xsebxrak9f
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite